本文へスキップ

岡山で弁護士をおさがしなら菊池綜合法律事務所へ

TEL.086−231−3535
(受付時間 平日9:00〜17:00、土曜9:00〜12:00)

わかりやすい個人情報保護法 【個人データ】

ホーム弁護士菊池捷男の法律実務レポート 目次<わかりやすい個人情報保護法 【個人データ】


1 本人の同意なく、個人情報を第三者に伝えると法律違反になるの?
 いいえ。個人情報を第三者に提供しても、個人情報保護法上の問題は起こりません。しかし、個人情報を「個人情報データベース等」にしてしまうと、そのときから個人情報は個人データになりますので、これを第三者に提供する場合は本人の同意が要ります。

2 個人情報データベース等とは何?
 個人情報データベース等とは、分かりやすく言いますと、コンピューターの中に入っている個人情報か、病院のカルテや教従業員名簿のように検索が容易な紙データになっているものです。
  法律の要件をより正確に言いますと、個人情報データベース等とは、個人情報を含む情報の集合物であって、
(1) 「コンピューターにより、検索することができるように体系的に構成したもの」と、
(2) 「個人情報を一定の規則に従って整理することにより特定の個人情報を容易に検索することができるように体系的に構成した情報の集合物であって、目次、索引その他検索を容易にするためのものを有するもの」(つまり病院のカルテや教従業員名簿のようなもの。)をいいます(法2条2項)。

3 では、個人データとは?
 「個人データ」とは、個人情報データベース等を構成する個人情報といいます(法2条4項)。


4 具体的にもっと分かりやすく言えば?
 名刺を例にして説明します。名刺は、本人の氏名等が印刷されていますので個人情報です。私が誰かから名刺をもらって、それを誰かにあげたとしても、個人情報保護法上の問題は起こりません。本人に無断で第三者へ提供してはならないのは個人データであって、個人情報ではないからです。私が、この名刺を、コンピューターの中の顧客ファイルに入力したり、事務所の顧客名簿に書き加えますと、コンピューターの中の顧客ファイルは個人情報データベース等の@に、また顧客名簿をAに該当しますので、コンピューターに入力されたり、名簿になった個人情報は個人データになります。その後で、私が、この個人データを第三者に提供しますと個人情報保護法に違反することになります。

  名刺に書かれた個人情報は同じであっても、これがコンピューターの中に入ったり、名簿になると、個人情報が個人データになり、本人に無断で第三者へ提供はできなくなるのです(無論、提供する側が個人情報取扱事業者の場合に限りますが)。


5 そうすると同じ情報内容であっても、個人情報と個人データでは、法による規制の内容が違うの?
 そのとおりです。
  個人情報は、個人データになっていくものと個人データにはなっていないものの2つに分けることができますが、実は、個人データも、保有個人データと、それ以外の個人データに分けられます。「保有個人データ」については、後で説明しますが、後での説明の理解のために、個人情報、個人データ、保有個人データの違いを図にすると下記のとおりです。

 目次 次へ 

ナビゲーション

専門家Webガイド マイベストプロ岡山

無料法律相談のお知らせ

    

事務所のご案内

【所在地】
〒700ー0807
岡山県岡山市北区南方1丁目8番14号

【業務時間】
平日 9:00〜18:00
土曜 9:00〜12:00
TEL 086-231-3535
FAX 086-225-8787


アクセスマップはこちら

携帯サイト

http://www.kikuchi-law.jp/m/
バーコードリーダーの機能を搭載している携帯電話で、QRコードを読み取り携帯サイトへアクセスしてください。
http://www.kikuchi-law.jp/m/