本文へスキップ

岡山で弁護士をおさがしなら菊池綜合法律事務所へ

TEL.086−231−3535
(受付時間 平日9:00〜17:00、土曜9:00〜12:00)

相続7

ホーム弁護士菊池捷男の法律実務レポート 目次<【相続】7 遺産分割でもらった財産に瑕疵があったとき



相続7 遺産分割でもらった財産に瑕疵があったとき

1 はじめに −相続と遺産分割− 2−1 遺産分割 2−2 扶養と遺産分割 3−1 寄与分 3−2 相続人の嫁の寄与分 4 相続財産 5 遺留分と1年以上前の贈与 6 遺産分割協議をする相手方−特別代理人その他 7 遺産分割でもらった財産に瑕疵があったとき 8 遺産分割協議前の相続人の一人が勝手に家を建て始めたとき 9 相続に関する“おもしろ”判例

7 遺産分割でもらった財産に瑕疵があったとき

 昨年父が亡くなり、兄弟で父の遺産分割協議をし、私は、他人の権利がついていないはずの時価5000万円の土地と、額面1000万円の債券を1000万円の価値があるものとしてもらいましたが、その後、土地には他人の借地権が設定されており、また、債券も額面の半分程度の価値しかないことが分かりました。
 こんな場合、遺産分割のやり直しをしてもらうことはできないでしょうか


 ご自分が思っていた財産と現実にもらった財産とが違っていたり、経済的な価値が大きく異なっている場合、遺産分割を錯誤によって無効にしてもらったり、他の共同相続人に担保責任をとってもらわなければ、バランスがとれませんが、民法は、遺産分割の結果、自分がもらった財産に数量不足や他人の権利がついていた等の欠陥(これを「瑕疵」といいます。)があった場合、他の相続人は、瑕疵のある財産をもらい受けた人に対し、売主と同じく瑕疵担保責任という責任を負わなければならないことにしております。
 その内容は、代金の減額、契約の解除、損害賠償になっております。
 解除というのは遺産分割のやり直しのことですが、ただし、解除は、あなたのケースで言いますと、あなたがもらった土地に他人の借地権がついているため遺産分割をした目的を達することができないときに限られます。
 遺産分割の解除をすることができないときは、金銭による賠償だけになりますが、5000万円の土地に他人の借地権がついているため時価は2500万円しかないという場合、差額の2500万円を全相続人が、相続で得た財産の割合で負担するのです。
 あなたの場合、債券も額面価格の半分の価値しかないようですが、これが額面どおりの価値があるものとして遺産分割されたのなら、これについても、差額を全相続人が平等に負担するよう請求することができます。





親子・夫婦の法律問題 インデックス





専門家Webガイド マイベストプロ岡山

無料法律相談のお知らせ

    

事務所のご案内

【所在地】
〒700ー0807
岡山県岡山市北区南方1丁目8番14号

【業務時間】
平日 9:00〜18:00
土曜 9:00〜12:00
TEL 086-231-3535
FAX 086-225-8787


アクセスマップはこちら

携帯サイト

http://www.kikuchi-law.jp/m/
バーコードリーダーの機能を搭載している携帯電話で、QRコードを読み取り携帯サイトへアクセスしてください。
http://www.kikuchi-law.jp/m/