本文へスキップ

岡山で弁護士をおさがしなら菊池綜合法律事務所へ

TEL.086−231−3535
(受付時間 平日9:00〜17:00、土曜9:00〜12:00)

相続8

ホーム弁護士菊池捷男の法律実務レポート 目次<【相続】8 遺産分割協議前の相続人の一人が勝手に家を建て始めたとき



相続8 遺産分割協議前の相続人の一人が勝手に家を建て始めたとき

1 はじめに −相続と遺産分割− 2−1 遺産分割 2−2 扶養と遺産分割 3−1 寄与分 3−2 相続人の嫁の寄与分 4 相続財産 5 遺留分と1年以上前の贈与 6 遺産分割協議をする相手方−特別代理人その他 7 遺産分割でもらった財産に瑕疵があったとき 8 遺産分割協議前の相続人の一人が勝手に家を建て始めたとき 9 相続に関する“おもしろ”判例

8 遺産分割協議前の相続人の一人が勝手に家を建て始めたとき

 先日父が亡くなりました。
 すると、兄が母や私と遺産分割協議をすることもなく、家を建てると言い出して、私や母が反対するのにもかかわらず、父の遺産である畑に土砂を搬入して宅地にしてしまいました。
 このままにしておくと兄は家を建ててしまうのではないかと心配です。
 母はそこまではしない、と 言いますので、私だけが兄に対し土砂の撤去と建物の建築差し止めの訴訟を起こそうと思います が、法定相続分が4分の1しかない私に、そのような請求が可能でしょうか。


 可能です。
 遺産分割未了の遺産は共同相続人の共有であるとされていますが、共有者の一部が他の共有者の同意を得ることなく共有物を物理的に損傷しあるいはこれを改変するなど共有物に変更を加える行為をしている場合には、他の共有者は、各自の共有持分権に基づいて、右行為の全部の禁止を求めることができるだけでなく、右行為により生じた結果を除去して共有物を原状に復させることを求めることもできると解されています(最高裁判所平成10.3.24判決)。
 したがいまして、あなたは、お兄さんに対し、畑に搬入した土砂を撤去して元の畑の状態に戻すこと、またこの土地上に家を建てないことを請求することができます。
 なお、この請求は、共有者であるお兄さんの行為に同意できない共同相続人なら誰でもできますし、その共有割合が4分の1でしかなくともできます。
 もし、お兄さんがあなたの請求に従わないときは、あなたは、裁判を起こせば裁判所はお兄さんに原状回復や建築禁止の命令をします。
 ただ、例えば宅地にされた畑を現状に回復すると莫大な費用がかかる場合には、例外的に畑への原状回復請求は認められない場合もありますが、お兄さんが、まだ家を建築していない場合は、家の建築は禁止されます。
 家を建ててしまった場合は、撤去に多額の費用がかかりますので、家の撤去までは認められない場合も出ると思われますので、早めに手を打つことが必要だと思います。





親子・夫婦の法律問題 インデックス





専門家Webガイド マイベストプロ岡山

無料法律相談のお知らせ

    

事務所のご案内

【所在地】
〒700ー0807
岡山県岡山市北区南方1丁目8番14号

【業務時間】
平日 9:00〜18:00
土曜 9:00〜12:00
TEL 086-231-3535
FAX 086-225-8787


アクセスマップはこちら

携帯サイト

http://www.kikuchi-law.jp/m/
バーコードリーダーの機能を搭載している携帯電話で、QRコードを読み取り携帯サイトへアクセスしてください。
http://www.kikuchi-law.jp/m/