本文へスキップ

岡山で弁護士をおさがしなら菊池綜合法律事務所へ

TEL.086−231−3535
(受付時間 平日9:00〜17:00、土曜9:00〜12:00)

商標法

ホーム弁護士菊池捷男の法律実務レポート 目次<商標法



1 宣伝広告や販売促進用のためのおまけの商品(ノベルティ)につけられた標章は、商標には当たらないとされた判例

大阪地裁昭和62.8.26判決


1,事案
   この事案は、指定商品を被服等とする「BOSS」という商標の登録商標権者A社が、電子楽器に「BOSS」という商標を使用しているB社に対し、商標権侵害を理由に損害賠償の請求をした事案です。B社は、この商標を、電子楽器につけたものですが(これは指定商品が異なるので商標権侵害にはならない。)、他に、楽器の宣伝広告と販売促進用のためのTシャツ(ノベルティ)の胸部中央に「BOSS」と大きく表示していました。そこで、このTシャツでの商標使用が問題になったものです。

2,判決
 楽器の宣伝広告および販売促進用の物品(ノベルティ)として購入者に無償配布する行為は、右Tシャツが、それ自体独立の商品取引の目的物たる商品ではなく、商品たる電子楽器のたんなる広告媒体にすぎない場合、商標権を侵害するものということはできない。

3,コメント 
 商標は、商品の標章です(商標法2条1項)。商品の包装や商品に関する広告は含みません。また、商標権は指定商品又は指定役務について生ずるのです(同25条本文)から、A社が被服等を指定商品として有する商標権は、何ら侵害されていないことになります。

商標法2条1項
「商標」とは、・・・標章であつて、次に掲げるものをいう。1業として商品を生産し、証明し、又は譲渡する者がその商品について使用をするもの・2・・
商標法25条
商標権者は、指定商品又は指定役務について登録商標の使用をする権利を専有する。

2 販売用の商品のカタログにつけた標章は、商標とは認められないとされた判例

東京高裁平成12.8.29判決


 事案
  カタログ通信販売業者のA社が、カタログに、「・・の商品選択の機会を与えるサービス」を指定役務として商標登録出願をしましたが、特許庁は、商標法6条1項に違反するとして拒絶査定をしました。そこで、A社がその審決取消訴訟を提起した事案です。

  判決
  カタログによるサービス業務は、商品の売買に伴い付随的に行われる労務又は便益にすぎず、商標法にいう「役務」に該当しない。

商標法6条1項
商標登録出願は、商標の使用をする一又は二以上の商品又は役務を指定して、
商標ごとにしなければならない。(一商標一出願の原則)


3 普通名称であるから、商標権としては認められないと判示した判決 」には該当しないとされた判例

東京高裁平成13.10.31判決


 事案
  「カンショウ乳酸」の文字を横書きにした商標を、乳酸を指定商品として登録出願したA社は、登録査定を受けたが、その後、同業者より、その商標は登録査定当時、食品添加物の一種類名を表わす普通名称として定着していたから無効とすべきであったとして、無効審判の請求をし、特許庁は無効審決をした。A社からその審決の取消訴訟が提起された。

  判決
  詳しい事実認定の末、登録査定当時、「カンショウ乳酸」は、緩衝乳酸とともに、普通名称であったと認定され、A社の請求は棄却された。

  コメント
  商標法3条1項で、普通名称は、商標として登録できないことになっているが、他にも、「・・慣用されている商標」「・・普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標」「ありふれた氏又は名称を普通に用いられる方法・・」「極めて簡単で、かつ、ありふれた標章」「商品・役務を認識することができない商標」は商標として登録できません。

商標法3条
自己の業務に係る商品又は役務について使用をする商標については、次に掲げる商標を除き、商標登録を受けることができる。1その商品又は役務の普通名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標・・・

4 産地表示と誤認されような標章は商標権として登録は出来ないとされた判決

@最高裁昭和54.4.10判決

A最高裁昭和61.1.23判決


 事案
  @の事案は、せっけん類を指定商品とする商標として「ワイキキ」が、Aの事案はコーヒーなどを指定商品とする「GEORGIA」が、商標法3条1項3号に該当するとされた事案

  判決
  商標法3条1項は、商標登録を受けることができないものとして、その3号に「その商品の産地・・・を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標」を定めている。出願した会社は、ワイキキはせっけんの産地ではない、GIORGIAはコーヒーの産地ではないと争ったが、判決は、ワイキキがせっけんの産地かどうか、GIORGIAがコーヒーの産地かどうかは問題ではない。そこが産地であると一般に認識されるだけでよい。と判示しました。

  コメント 
  産地らしい表現も、産地表示を商標にしたもの、したがって登録不可としたものです。

商標法3条1項
自己の業務に係る商品又は役務について使用をする商標については、次に掲げる商標を除き、商標登録を受けることができる。3その商品の産地、販売地、品質、原材料、効能、用途、数量、形状(包装の形状を含む。)、価格若しくは生産若しくは使用の方法若しくは時期又はその役務の提供の場所、質、提供の用に供する物、効能、用途、数量、態様、価格若しくは提供の方法若しくは時期を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標


5 商品番号の模倣は不正競争防止法違反にならないとされた判例

名古屋地方裁判所平成15年7月24日判決


 多種多様な刺しゅう糸を製造販売するA社が、他の色と識別するために、刺しゅう糸の色ごとに四桁の番号がを付し、販売していたところ、同業のB社が、この色番号を真似て、自社の刺しゅう糸に同じ色番号を付けて販売したので、その差止めと損害賠償を求めた事案で、判決は、色番号は、取引上の便宜性から、色の種類に応じて付されているにすぎず、色番号そのものに、他の第三者の商品と区別する「自他識別力(特別顕著性)」ないし「出所表示機能」を有するとは認められず、不正競争防止法2条1項1号の「商品の表示」には当たらないとして、A社の請求を棄却しました。

 コメント
 A社が 多種多様な刺しゅう糸の一つ一つの色を特定する手段として、四桁の色番号を付けていますが、色番号を付ける過程で、検索・調査がし易くなるような工夫がなされたことは想像できます。色番号の付け方には、いわば営業秘密とも言える智恵が潜んでいると思われますが、判決は、番号そのものに個性がないことから、上記のような結論を出しています。B社のフリーライド(ただ乗り)は批判されるべきですが、一方で、もしこの件でA社の請求を認めると、本来誰でも利用できるはずの数字について、特定人に独占的・排他的な権利を許すことになり、相当とは思えません。やむを得ない判決だと思います。

 漫画の主人公を描いた絵を模倣すると著作権侵害になりますが、そのキャラクターを真似ただけでは著作権侵害にならないという判例の考えとどこか共通するように思われます。
 目次 次へ

ナビゲーション

専門家Webガイド マイベストプロ岡山

無料法律相談のお知らせ

    

事務所のご案内

【所在地】
〒700ー0807
岡山県岡山市北区南方1丁目8番14号

【業務時間】
平日 9:00〜18:00
土曜 9:00〜12:00
TEL 086-231-3535
FAX 086-225-8787


アクセスマップはこちら

携帯サイト

http://www.kikuchi-law.jp/m/
バーコードリーダーの機能を搭載している携帯電話で、QRコードを読み取り携帯サイトへアクセスしてください。
http://www.kikuchi-law.jp/m/