本文へスキップ

岡山で弁護士をおさがしなら菊池綜合法律事務所へ

TEL.086−231−3535
(受付時間 平日9:00〜17:00、土曜9:00〜12:00)

目からうろこのイラスト相続 第1部 相続法の基礎知識

ホーム目からうろこのイラスト相続 目次<第1部 相続法の基礎知識3−3相続人(第3順位)

3−3 相続人(第3順位)


第3順位 兄弟姉妹又はその代襲者

・第3順位者は兄弟姉妹ですから、その代襲者というのは、甥、姪になります。

・第3順位者の場合、再代襲はありません。つまり甥や姪の子には相続権はないのです。

民法は、かつては、兄弟姉妹の場合も再代襲を認めていたのですが、相続人が広がりすぎ遺産分割手続の遅滞を招くという理由で、昭和55年の民法改正(昭和56年1月1日以降の相続に適用)で再代襲を認めないことにしたのです。

相続人の資格重複問題  親(被相続人)が子の子(孫)を養子にした場合で、子が親より先に死亡した場合、孫は養子として相続人になり、また、子の代襲相続人として相続人になります。
 この場合の孫は、二重の身分を有することになるのです。

 配偶者が置かれた特別の地位 配偶者は、常に相続人です。
目からウロコのイラスト相続
専門家Webガイド マイベストプロ岡山

無料法律相談のお知らせ

    

事務所のご案内

【所在地】
〒700ー0807
岡山県岡山市北区南方1丁目8番14号

【業務時間】
平日 9:00〜18:00
土曜 9:00〜12:00
TEL 086-231-3535
FAX 086-225-8787


アクセスマップはこちら

携帯サイト

http://www.kikuchi-law.jp/m/
バーコードリーダーの機能を搭載している携帯電話で、QRコードを読み取り携帯サイトへアクセスしてください。
http://www.kikuchi-law.jp/m/