本文へスキップ

岡山で弁護士をおさがしなら菊池綜合法律事務所へ

TEL.086−231−3535
(受付時間 平日9:00〜17:00、土曜9:00〜12:00)

目からうろこのイラスト相続 第1部 相続法の基礎知識

ホーム目からうろこのイラスト相続 目次<第1部 相続法の基礎知識6 相続分

6 相続分


 相続分とは、遺産分割の基準になる分割割合です。
 相続分には、遺言による相続分の指定がない場合に適用される「法定相続分」と、 遺言によって定めた「指定相続分」とがあります。
 法定相続分の内容 法定相続分は、 配偶者と第1位の相続人が相続する場合は、配偶者1/2と子とその代襲者全員で1/2 配偶者と第2位の相続人が相続する場合は、配偶者2/3と直系尊属全員で1/3 配偶者と第3位の相続人が相続する場合は、配偶者3/4と兄弟姉妹とその代襲者全員で1/4になります。


【備忘録9 法定相続分ではなく指定相続分で相続させたい場合にメモをしておく】
・ 子(又はその代襲者)が相続人である場合、子の間では原則として平等ですが、非嫡出子の相続分は、嫡出子の相続分の1/2になり、兄弟姉妹が相続人になる場合は、片親が異なる兄弟姉妹(半血兄弟)の相続分は、両親を同じくする兄弟姉妹(全血兄弟)の相続分の1/2になりますので、これらを同じ割合にしたいと思うときは、相続分の指定をしておくべきです。
 なお、嫡出子の相続分と非嫡出子の相続分の間に倍半分の差を設けていることについては、憲法14条の法の下の平等に反するのではないかという議論があるところですが、最判平7.7.5は、婚姻関係の保護のためにこの差別は許されるという判断を示しています。

【遺言で相続分を指定する場合の文例】
私は妻の相続分を3/5,長男の相続分を1/5,長女の相続分を1/5と定める。


【解説】
 これにより、妻は法定相続分の1/2ではなく指定相続分の3/5で、長男と長女はそれぞれ法定相続分の1/4ではなく、指定相続分の1/5で、遺産分割を受けることになります。
 むろん、「私は妻と長男、長女の相続分をそれぞれ1/3とする。」など妻に不利になる相続分の指定もできます。
目からウロコのイラスト相続
専門家Webガイド マイベストプロ岡山

無料法律相談のお知らせ

    

事務所のご案内

【所在地】
〒700ー0807
岡山県岡山市北区南方1丁目8番14号

【業務時間】
平日 9:00〜18:00
土曜 9:00〜12:00
TEL 086-231-3535
FAX 086-225-8787


アクセスマップはこちら

携帯サイト

http://www.kikuchi-law.jp/m/
バーコードリーダーの機能を搭載している携帯電話で、QRコードを読み取り携帯サイトへアクセスしてください。
http://www.kikuchi-law.jp/m/