本文へスキップ

岡山で弁護士をおさがしなら菊池綜合法律事務所へ

TEL.086−231−3535
(受付時間 平日9:00〜17:00、土曜9:00〜12:00)

目からうろこのイラスト相続 第2部 遺産分割(前半)

ホーム目からうろこのイラスト相続 目次<第2部 遺産分割(前半)2 具体的相続分(金額)を決める3つの方法2 特別受益の持戻し計算型

2 具体的相続分(金額)を決める3つの方法


 相続財産を金額で評価して、その中から各相続人がいくらもらえるか(その金額が「具体的相続分」ということは前述しました)を算出する計算方法には、
@単純型
A特別受益の持戻し計算型
B寄与分控除・加算型
の3つがあります。

2 特別受益の持戻し計算型
 相続人の中に、被相続人より「遺贈」や「生前贈与」等の「特別受益」を受けた者がいる場合は、その特別受益を、計算上、相続財産に加算することになります。
 この計算を「持戻し」または「持戻し計算」といいます。
 この型の場合は、法定相続分(割合)と具体的相続分(金額)とは一致しなくなります。

例 : 長男が生前被相続人より時価2000万円のA宅地を贈与されていた場合
     
Step1
相続人・相続分の確定

例:相続人は、相続人は妻と長男と長女であった。
  相続分は、遺言がないので法定相続分になり、妻が1/2,長男が1/4、長女が1/4になった。

     
Step2
相続財産の総額を、相続開始時を基準に算定
例 : 相続財産の相続開始時の総額は1億円であった。

     
Step3
相続財産の額に贈与の額を加える
(これを「持戻し」といい、その合計額を「みなし相続財産」といいます)
例 : みなし相続財産は、相続財産額1億円+生前贈与額2000万円=1億2000万円になる。
    贈与財産の価額は相続開始時のものです。

     
Step4
みなし相続財産に各相続人の法定相続分をかける
(それによって算出された金額を「一応の相続分」という)
例 :  妻 は法定相続分が1/2なので、1億2000万円×1/2=6000万円、
    長男は法定相続分が1/4なので、1億2000万円×1/4=3000万円
    長女も法定相続分が1/4なので、1億2000万円×1/4=3000万円になる。
    注:この単純型の場合は、各相続人の法定相続分(割合)と具体的相続分(金額)とは一致します。

Step5
特別受益のある相続人の一応の相続分から特別受益額を引く
例 : 妻 は、一応の相続分6000万円−0=6000万円、
    長男は、一応の相続分3000万円−生前贈与額2000万円=1000万円、
    長女は、一応の相続分3000万円−0=3000万円
 これが、相続開始時1億円相当であった相続財産から、 各相続人がもらえる具体的相続分(金額)になります。
 すなわち、妻は6000万円、長男は1000万円、長女は3000万円各相当の相続財産をもらえることになるのです。

目からウロコのイラスト相続
専門家Webガイド マイベストプロ岡山

無料法律相談のお知らせ

    

事務所のご案内

【所在地】
〒700ー0807
岡山県岡山市北区南方1丁目8番14号

【業務時間】
平日 9:00〜18:00
土曜 9:00〜12:00
TEL 086-231-3535
FAX 086-225-8787


アクセスマップはこちら

携帯サイト

http://www.kikuchi-law.jp/m/
バーコードリーダーの機能を搭載している携帯電話で、QRコードを読み取り携帯サイトへアクセスしてください。
http://www.kikuchi-law.jp/m/