弁護力-弁護士に求められるもの-【2版】

 

弁護力-弁護士に求められるもの-
著者  菊池捷男
制作  丸善株式会社岡山支店
出版  出版サービスセンター
定価  2,000円+税
2010年7月1日 第2版発行

大手書店で販売中

内容
第一章 法律相談力 

  • 第一節 法律知識保有力
  • 第二節 事情聴取力
  • 第三節 回答力
  • 第四節 相談者の能力その他の属性

第二章 義務遵守力 

  • 第一節 弁護士は,依頼人のために,真実を否認することが許されるか?
  • 第二節 弁護士は,相手方の主張や相手方から提出された証拠を見て,相手方の主張が正しいと判断したときは,その主張を認めても良いか?
  • 第三節 行動規範(原則)定立の必要性
  • 第四節 弁護士の仕事の目的

第三章 訴訟準備力

  • 第一節 現場調査力
  • 第二節 二段階目の事情聴取力

第四章 文章力

  • 第一節 訴状などの起案力
  • 第二節 弁護士の文章力

第五章 立証力

  • 第一節 職人芸
  • 第二節 裁判官の常識と弁護士の立証力

第六章 尋問力    

  • 第一節 証言
  • 第二節 尋問のルールと誘導尋問
  • 第三節 禁じられた質問
  • 第四節 弁護士がすべき質問
  • 第五節 実務の現状と尋問力
  • 余節  裁判員制度の導入と弁護士の尋問力

第七章 弁論力

  • 第一節 弁論の重要性
  • 第二節 弁論力を養う方法
  • 余節  命をかけた名弁論

第八章 和解力

  • 第一節 権利の行使面における和解
  • 第二節 和解への姿勢
  • 第三節 義務の履行面における和解

第九章 調停力

  • 第一節 調停風景

第十章 示談交渉力

  • 第一節 示談の意味・目的
  • 第二節 示談のリスク
  • 第三節 弁護士のすべきこと、してはならないことの基本
  • 第四節 示談交渉は弁護力を磨く機会
  • 第五節 弁護士が守るべき他のルール

第十一章 成長力

  • 第一節 成長の軌跡
  • 第二節 タラントのたとえ
  • 第三節 集中力
  • 第四節 叱責を受ける
  • 第五節 勝つことにこだわる
  • 第六節 仕事で名人になれ、余技の達人になるなかれ

最終章 義務の遵守

 

  当事務所でもお買い求めになれます。メールフォームにてお問合せください。(送料無料)
  発送の際にゆうちょ銀行の払い込み用紙を同封いたしますので 、商品到着後にお支払い下さい。
  メールフォームはこちらから。

 

2010年07月01日